スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

寝ながら本を読むには… 


最近、また読書をし始めました。
私の読書は「睡眠導入剤」ですので、本当に雑読です。
我が家の本棚にあるものを、興味のある順に読んでいきます。
興味があるのは「推理モノ」と「歴史モノ」。

さてさて、睡眠導入剤としての読書は当然の事ながら布団の中です。
皆さんも経験があるでしょうが、
眠くて眠くて、それでもキリのいいところまで読めなきゃと思って、
うつらうつらしながら、何度も同じところを読んだり、
手から本を落としてみたり…
そして、何とも手が疲れる。

そこで、発明しました。

じゃ~ん!

hondai


なんじゃこりゃ?
と思うでしょう(^^)

実は私は2段ベッドの下で寝ています。
子供が二人いますが、上の子は2段ベッドの上で一人で眠れますが、
下の子はまだ親(母)と一緒じゃないと寝付けません。
必然的に私が2段ベッドに寝ることになるわけです。

透明な塩ビパネルを買ってきて、それにドリルで穴を開けて紐を通しただけ。
それを2段ベッドの上のスノコから吊します。

そしてこのように本を置きます。

hondai3


すると、ベッドに寝転がるとこのように見えます。


hondai2


どうです?

これなら手が疲れないし、出している手が寒くありません。
しかも…このまま本を閉じずに眠れるのです!
眠くて眠くて、耐えられなくなってその瞬間に眠れる快感!!!

すばらしい!自画自賛(笑)




だけど、改良の余地有り…
ハードブックも読めるようにと、大きな塩ビパネルを使ったため、
本をめくるときに、塩ビパネルの端が腕にこすれます。
文庫本用の小さな塩ビパネル買ってこなきゃ!



スポンサーサイト

アイデア(発明?)作品

このまま眠ってもよし。なかなかのアイデア(発明?)作品ですね。
寒くなると、朝布団から出るにも勇気が必要ですが、夜も布団から手を出していると寒いし疲れるし・・・推理小説は、いっきに読みたくなり遅くなります・・・あと一工夫で商品化出来きそうですね。
[2005/11/28 12:27] 日本の原風景 [ 編集 ]

発明ではなかった(^_^;)

発案でしたね(笑)
実は商品があるんです…既に。

http://www.naruju.com/Homegoods/idea/Ho-id-007.html

¥13,650はチト高い。
私のは、パネル350円+フック100円+ひも-うちにあったもの、
総工費450円です。
[2005/11/28 15:01] 宿六 [ 編集 ]

商品化されているんですね・・・

照明付の立派な商品が既に発売されているのですね・・・考えることは、同じでも速さ(早さ)の勝負になりますね。次のアイデア(発明)に挑戦しましょう。
[2005/11/28 16:14] 日本の原風景 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/107-67e2965c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。