スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大雪の取材 

昨日家族総出で除雪をしていたら、マイクを片手に男性が近づいてきました。

「○○テレビなんですけど、大雪の取材をさせていただけませんか?」

もちろん、丁重にお断りさせていただきました。

確かにこの雪で人々は疲弊し切っているし、生活に支障を来しているのは事実です。
だからといって、テレビカメラに向かって、
「本当に困っています。」
と嘆いたところで何の解決にもなりません。

逆に私たち観光に携わるものにとっては「風評被害」という悪しき影響が出てしまうのです。
去年の地震の時のように。。。

地震などの局地的災害と違い、雪害は松之山に限ったことではありません。
全国各地で苦しんでいる人がいますし、それぞれの『平年並みの雪に対する対策』が違うのですから、ことさら松之山や津南などの豪雪地帯の雪を取り上げてもらっても意味がないのです。
要するに、雪の少ないところの人は少ないなりに、多いところの人は多いなりに同じように大変な思いをしている訳なんです。

今朝のテレビで津南からの中継をしていましたが、
「ご覧下さい、この雪の山。7、8メートルはありますね。」
と排雪場の雪の山を映されても、
「ご覧下さい、この雪山の下に家があるのです。」
と雪の壁越しの屋根を映されても、
それは事実ではありますが、実際の私達の生活レベルの話ではありません。
家の周り、道路、駐車場を確保するために、そこに『雪山を作る』わけであり、『壁ができる』わけであって、そうすることが私達の生活なんです。
そういう間違った部分だけ取り上げられることが目に見えてますので、取材はお断りさせていただきました。

○○新聞(全国紙)からも電話取材があったようです。
「キャンセルとかは出てますか?」
「いいえ、全くキャンセルはありません。」
「交通機関も乱れていますよね?」
「いいえ、道路は除雪してありますし、ほくほく線もバスも通常通り動いています。」
と答えたそうな。えらい!!!

今度取材が来たら、絶対放送することを前提にこう答えよう。
「大雪で大変ですね。」
「ココが好きで住んでいますから、当たり前のことです。」
「除雪も大変でしょう?」
「毎日、いい汗かいたあとのビールは最高ですよ!」
「困っていることはありますか?」
「そうですね、マスコミの取材くらいですかねぇ」(爆)




スポンサーサイト

[2006/01/07 08:11] 雪ネタ | TB(1) | CM(5)

re:大雪の取材

決め付け報道は困りますよね・・・

松之山に来るマスコミの方は最初から「ストーリー」ができているような気がします。

我々雪国の人間と感覚が違うから言ってもわかってもらえないかもしれませんが・・・

今回津南町が全国的に有名になってしまいましたが、津南の人のHPで雪について語った一ページがあるので紹介します。

http://homepage3.nifty.com/tsunan/tsunan-gaku/snow.htm

さすが津南人、少なくとも私と同じような感覚です・・・
[2006/01/07 20:49] 小太郎 [ 編集 ]

同感です。

「雪の壁」は確かにものすごいものがありますが、松之山では当たり前の風景ですね。
ただ、その壁は低いにこしたことはありませんが……。

今度取材が来たら、ぜひ、そのようにお答え下さい。期待しています。

来週(15日)、松之山にお邪魔することになっています。今から楽しみです。
[2006/01/07 22:01] yuji-a@cool.email.ne.jp 相沢 [ 編集 ]

雪の壁

圧倒的な高さの雪の壁も一つの「観光資源」。
お客様が、凄く驚かれるんですよ。
雪を嫌悪するだけでなく、利用することも大切ですね。

15日は充分な積雪でいいお祭りが出来ると思います。
準備が凄く大変そうですが。。。
ぜひお越し下さい。
[2006/01/08 12:44] 宿六 [ 編集 ]

がんばれ松之山!

はじめまして。千葉県に住んでいる者です。こちらの報道は、毎日津南町の豪雪の事ばかりですね。松之山の事が出てきません。
多分津南よりも雪は多いと思うのですが。
正月に実家に帰り、二十年ぶりに屋根の「雪おろし」をしました。昔は、屋根の「雪堀」と言っていたと思いますが、今はどうですか?
こちらでは、雪が積もると、すぐに報道され松之山出身の私には滑稽に感じてしまいます。
取材には、明るく平然と答えてください。

ピーナッツ様

コメントありがとうございます。
そうですね、津南よりは確実に多いかと思います。
津南の皆さんには申し訳ないですが、松之山の名が出なくて助かっています。

今でも除雪作業を『雪掘り』といいますよ。

これからもよろしくお願い申し上げます。
[2006/01/10 07:05] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/150-c9799ce2


愛の美しい日本 棚田

「棚田」をご存じだろうか?(引用元:「宿六日記」より) 
[2006/02/06 09:12] URL 幕僚日誌?








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。