スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雪の波 

波1


皆さん、これなんだと思います?
そう、トンネル内に出来た「雪の波」です。
雪と風が作り出す、まさに自然の芸術品です。

逆方向から
波2


この写真だと、はっきり「波しぶき」まで確認できます。
このトンネルは松之山と津南を結ぶ国道405号線にある天水トンネルです。
風の方向からすると、松之山側から雪が吹き込むようです。

スコップでつついてみます。
「ザッ、ザッ」まるで氷です。

写真で見るとよく分からないかもしれませんが、
波3

こうやって、人と比べるとその大きさが分かるかと思います。

雪と風は様々な造形美を創り出します。
そんな芸術品を探すのも、一つの冬の楽しみ方かもしれません。
スポンサーサイト

[2006/01/25 08:02] 季節雑写 | TB(0) | CM(3)

面白いですね

雪の造形美、面白いですね。
それにしても、片側だけに固まるということは、風は一方通行(松の山側から津南側へ)で、しかもかなりの強風になっているんでしょうね。
[2006/01/26 00:00] yuji-a@cool.email.ne.jp 相沢 [ 編集 ]

>雪の波

このトンネル、スキー場からも見えるので

ふさがらないのかな?

とか

向こう側の景色は?

とか気になるんですが、さすがにそれだけのためにあそこまで歩けないので・・・

苦労した者のみに見れる芸術ですね。

もっとも宿六さんは毎年見ているのでしょうが・・・
[2006/01/26 05:53] 小太郎 [ 編集 ]

コメントありがとうございます

このトンネルは約100メートルあります。
両方の出口までつながっているのでかなりの強風だと思います。
雪が積もらない方に、カーブミラーとか道路標識とかおいてあるんですよ(^^)
[2006/01/26 15:53] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/173-314b6531










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。