スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガードレールを掘り起こせ!その1 

宿六に課せられた次なるミッションは。。。

『ガードレールを掘り起こせ!』

ガードレール1


この7~8mある雪山の下にガードレールが置いてあります(^_^;)
温泉街の回転場のガードレールです。

雪解けと共に川も徐々に増水しはじめました。
転落を防ぐガードレールがあると安心です。

なぜ、そんなところに置いてあるんだ?
と訝しむ方もいらっしゃるでしょう。
長いんです、このガードレール。8mくらいかな?
置いておく場所がないんですねぇ~
だから近くのこの場所に。。。

外さないで、冬中付けておけばいいだろう?
と訝しむ方もいらっしゃるでしょう。
困るんです、除雪の時に。
ガードレールがあると川に雪を捨てられません。

さて、この雪山。
我が家の屋根から下ろした雪が少なからずあります。
「自分の出した雪は自分で片づける」が雪国のルール。
自分の土地だったら、自然に融けるのを待っていますけどね(笑)
ここは市有地、そうはいきません。

人の土地に雪を出して、文句言われないの?
と訝しむ方もいらっしゃるでしょう。
んなこと言っちゃーいられません。
出した人が片づければいいんです。
迷惑が掛からないように。。。
まあ、ホントはいけないんだと思いますが目をつむって下さっています。
広~い心に感謝!!!

さて、取り敢えずは登り口を作りました。

ガードレール2


次回からは、投雪機がこの道を登って山頂を目指します。

目標。3月31日!
もう降るなよぉ(^^)
スポンサーサイト

[2006/02/24 11:49] 雪ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/216-42771402










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。