スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

身につまされるニュースかも 

共同浴場「熱すぎる」と観光客から苦情

どこの温泉地でもありがちな問題です。

基本的に温泉地に住んでいる人は
「熱好き」だと思います。
ちょっと語弊がありますね。。。
熱い温泉がでている温泉地で、
共同浴場を利用している方々は、
とした方がいいかも知れません。

かくいうオラも「熱好き」です。
肌がピリッとするくらいが気持ちいいです。
ですので、我が家のお風呂は
オラにとって「ぬるい」んです。
お客様が入ることを前提にしていますので、
これはこれでいいんです。

ただ共同浴場となると。。。
地元の方も観光客の方も入りますので、
なかなか温度設定が難しい。

観光客が「ちょっと熱い」くらいにすれば?
と思う方もいらっしゃるでしょうが、
地元民の「熱好き」はレベルが違います。
記事内の共同浴場は46度とのこと。
これは・・・オラでも入れません。
草津温泉、野沢温泉、共に共同浴場が、
観光客にも開放され湯の町情緒を
醸し出していますが、
両方ともやっと何とか入れるくらいの温度でした。
オラが入ったときは。。。
おそらく観光客の大半の方は、
入れないんじゃないでしょうか?
最近は行っていないのでよく分かりませんが。。。

今、お風呂での事故防止、お肌への影響、
代謝の促進、などの観点から、
一般的に推奨されているお風呂の温度は、
ちょうど40度くらいでしょうか。
温泉の場合は42度くらいが快適とされています。

これでは、ぬるいんです。

ではどうするか?
どうしましょうか?

物理的に不可能な事と予測できる上で、
敢えて提案するならば。。。

1.浴槽を2つにする(熱いのと温いのと)
1.地元用と観光客用の共同湯をわける

これしかないと思うんです。

自宅にお風呂など必要なく、
ずっと共同浴場を利用してきた地元民に、
「観光客が入れないから、ぬるいお湯で我慢して」
というのは、ちょっと違う気がします。
熱いお湯の共同浴場。
代々その熱いお湯に浸かってきた地元民。
それは大げさな言い方をすれば、
ひとつの文化遺産だと思います。
その温泉地の歴史であり、次代に伝えるべき遺産。
その建物、その浴槽、その温度、その生活様式、
その管理、そこでの会話、そこでのふれあい。。。
ずっと変わらずに「そこにある共同浴場」は、
その温泉地の重要なシンボルなのです。

一方で、より多くのお客様に温泉を楽しんで頂くために、
意固地にならずに共同浴場のあり方を変えていくべきだ
という主張もあって当然だと思います。
温泉地に住んでいるのであれば、
多かれ少なかれ観光客の方からの
恩恵を受けているわけで、
その観光客が利用しやすいようにするのは、
恩恵を受けている地元民にとって、
当然考えるべき重要な選択肢のひとつだと思います。

じゃあ、どっちなの?

上の2つの結論しか思い浮かびません(^_^;)

それが無理ならば?

観光業従事者としては答えは出せませんが、
一温泉ファンとしては、「前者」です!

ズルイ答えかも知れませんが。。。(^_^;)



スポンサーサイト

[2006/06/28 17:41] 温泉&お風呂 | TB(0) | CM(7)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2006/06/28 20:36] - [ 編集 ]

難しい・・・

私の意見は前者です。

46度は熱過ぎると思いますけどね。

浴槽を給湯口から上流、下流と仕切ったらどうでしょう?

下流に水道の蛇口を設置して、そちらは好きに薄めていいとするとか。

狭くなるか・・・
[2006/06/29 07:06] 小太郎 [ 編集 ]

方針次第

この問題は、
共同浴場の利用の方針次第だと思います。

共同浴場を観光客に開放するのであれば
地元民の理解を得た上で、
観光客も入れるようにある程度温くすべき。
そうでなければ
何のための開放か分かりませんから。
当然、観光客の中には文句を言う人が
出てくると思います。
入れないような浴場を開放するのか!って。

共同浴場がもともと地元民のためのもので、
温くすることに地元民の理解を得られないのなら
観光客に開放すべきではない。
開放しなくても
観光客は旅館などの風呂に入れるのだから
問題ないはず。
文句があるならよその温泉地に行ってくれ!

利用の方針が中途半端だから
こんなことになるのだと思います。

折衷案とすれば、
観光客に開放するが
共同浴場の温度を高いことを
よくよく注意書きを書いて観光客に告知する。
あとは観光客の自己責任。
熱いの承知で入ったあんたが悪い(^_^)v

湯布院に行った時、
共同浴場がありましたが、
地区の人しか入れませんと
書いてありましたよ。
それでいいんじゃないんですか。
観光客も通りすがりがほとんどですから。

とにかく中途半端ってことが
原因なんですよ(-_-;)
[2006/06/29 07:35] さばとら [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>小太郎様

有効だと思いますよ。
注ぎ口と離れたところでは、
確実に温度が違いますからね。
意外とこういう単純な考え(いい意味で)って、
的を射てるのに採用されないんですよね。
ふしぎだなあ~

>さばとら様

折衷案に一票です。
何でもそうですが、「事前説明」が大切ですね。

もうひとつは所有者と管理人。
・利用者による共同管理
・観光協会の管理
・民間資本の管理
・・・
それによって方向性が出てくると思います。
おそらく湯布院の共同浴場は、
地区の利用者による管理なんでしょう。
その方達の「うちの風呂」。
それでいいと思います。


[2006/06/29 07:58] 宿六 [ 編集 ]

オラは…

 「あっつい」風呂は嫌いです!!
某千手温泉の隣に居を構え、毎日軽トラで汲んで来て
入湯していますが、「あっつい」です。
(松之山とは比べ物にならない位低温ですけど…ね 苦笑)
十数年前に松之山の共同浴場「鷹の湯」にて断りを入れて
水でうめようと(薄めるの意で方言です)していたところ、
後から入ってきた地元のジィちゃんらしき人に
「ねら、うめんなやぁ!」
(ねら=あんたら うめんなやぁ=薄めないでの意)って
言われて屋内の湯船はあっつくて入れず、外の露天風呂に
浸かった思い出があります…。
それ以来、「あっつい」松之山の温泉には浸かっておりません。

宿六さん
批判的な様なコメントになってしまいましたが、これも事実なので
書き込みしました。喧嘩売ってる訳ではないので気になさらんで
下さい。自分の体験と主観を述べさせてもらったまでなので…。
 中には心臓疾患などの方はあの「熱さ」の温泉には
入れない方も居ます。
(医者にはぬる目の温度での入浴を指導されます。)

なかなか大変な問題だとは思いますが、熱好きな方にも、
ぬる好きの方も来て頂ける、方法を考えて頂きたいものです…。

[2006/06/29 18:27] dynakids [ 編集 ]

私も

どちらかと言えば
熱いお湯は苦手ですね。

ただ、人によって感じ方が違うので
私がちょうどいいと感じても
まだ熱いと思う人がいるかも知れません。

草津に
湯もみをする
例の共同浴場がありますが、
あんなところは
きっと自分の感覚だと
熱くて入れそうにないので
近づきもしませんね。

鷹ノ湯は
入ったことはありませんので
分かりませんが、
私が入ったことのある
松之山の各旅館(4軒)及びナステビュウ
のお風呂は熱くて入れないほどでは
ありませんでした。

少なくとも宿六さんのところの
内湯と男性露天風呂は
ちょうど良かったですよ
貸切露天風呂は熱かったですが。
まあ、あそこは別の理由で
温度調節が難しいようですけど。

dynakidsさんは
松之山のお近くでしょうから
松之山温泉に泊まるなんてことは
きっとされないんでしょうけど、
宿六さんのところの
貸切露天風呂なら大丈夫ですよ。

なんたって、
貸切ですから
鍵をかけてしまえば
こっちのもんです。
どんなに加水しても
地元のジィちゃんは
出てきませんから(^^)

先週の土日に宿六さんのところに
仲間15人と泊まりましたが、
日曜日の朝、
貸切露天風呂に入ったところ
ちょうどいいお湯でした。
しかし、後から聞くと
みんなバンバン水を入れたと言ってました。
道理でちょうどいいわけだ(^^;)

あ~なんてこったい、
せっかくの100%源泉露天風呂が(^^;)

ただ、
貸切露天風呂に入った人は皆
貸切露天風呂はお湯が濃そうで良かった
と非常に喜んでました。
うめたくせに(-_-;)

でも、
観光客ですから水でうめたとしても
温泉に満足して帰るのが一番なんです。
せっかく遠くから来たんですから。。。

でも、お近くにいて
松之山温泉に入らないっていうのは
もったいない話ですね~。

時間とお金をかけて
松之山温泉に来ている
私にとって、
全くもって
信じられない話なんですよ(^^)
[2006/06/29 21:32] さばとら [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>dynakids様

全く批判的ではありませんよ。
事実ですから。
気になさらず、真実を語って下さい。
ですので「身につまされる」という題にしたのです(^_^;)
鷹の湯は浴槽が大きいので、
真ん中で仕切れば簡単に解決すると思うんですけどね。
お金もそんなにかからないと思いますし。。。

千手温泉、人気ありますね。
まだ入ったことないので勉強のために
行ってみようかと思っています。
そして「小八家」の鰻を食べる!
密かに計画中(^o^)

>さばとら様

ご入浴ありがとうございます。
これから夏場にかけては、
どうしても熱くなります。
といって、温泉を入れないわけにはいきませんので、
気温と共にドンドン上昇してしまいます。
悩みの種です(*_*)
仰るとおり、気持ちよく入って頂くのが一番ですから、
薄めて頂いて構いませんよ(^o^)
水の出しっぱなしが恐怖ですが。。。(^_^;)
一度時間が経つと自動的に
水がとまるカランにしましたが、
すぐに壊れました。
さすがの松之山温泉です(^_^;)
[2006/06/30 06:52] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/383-cf9d1642










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。