スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一足早い「大地の芸術祭」見学ツアー 

昨日は十日町市観光協会主催の
「大地の芸術祭」見学ツアーが行われました。

行政の職員、宿泊施設、ボランティアガイドなどを対象に、
一日かけて新作を中心に見て回りました。

少しだけご紹介します(^^)

下条 「バタフライ・パビリオン」

7/19-1


7/22にはここで「観世能」が催されます。
蝶々の羽が格納できるそうで、冬でも心配なし。


源入 「うすぶなの家」

7/19-2


この古民家では数人の陶芸家が、
陶芸作品を展開します。

7/19-3


写真は土間を作っているところ。
まだまだ完成にはほど遠い様子。
ものすごい数の職人さんが入っていました。
果たして間に合うのでしょうか?(^_^;)


小白倉 「いけばなの美術館」

生け花だけに、まだ花がなく行っただけ(*_*)


木和田原 「風のスクリーン」

7/19-4


7/19-5


信楽焼の本立てのような物を2000個積み上げる。
焼き物の「はさ」の様な感じ。


峠 「脱皮する家」

7/19-6


7/19-7


松代エリアでは一番人気が出そう。
峠の古民家。
はり・柱・床・壁。。。
全てに彫刻刀が入っている家。
ちょっとムズムズします(^_^;)


東川 「最後の教室」

松之山エリアの注目はここ。
巨匠クリスチャン・ボルタンスキーとジャン・カルマン
による「最後の教室」
旧東川小学校を美術館として展開します。

7/19-8


ワラを敷き詰められた体育館

7/19-9


漆黒の理科室

7/19-10


白い布をかけられた机

7/19-11


無数の鏡の教室

7/19-12


透明ケースの中に蛍光灯。

昨日は蛍光灯による照明だったので、
実際の電球とミラーによる演出とは、
雰囲気が全然違うと思います。
公開後のお楽しみ、ですね。


本屋敷 「フローティング・バンブー」

7/19-13


中里エリア。慈眼寺というお寺の裏山。
森の中にある「竹垣」です。


中平 「こころの花」

7/19-14


ブナ林の中に「ビーズ」の花を展開。

7/19-15


こんなビーズもあります。

7/19-16


とってもとってもキレイです。
見応えありますよ、ここは。


広い広いエリアを一日で回ったので、
ほとんど駆け足状態。
車窓から見える作品はバスの中での観賞となりました。
雨が降っていたので写真も撮れず(*_*)

どの作品も公開間近とあって、
かなり急ピッチで制作していました。

また機会があったらご紹介したいと思います(^^)

上っ面ばかりですみません。
何しろ芸術作品なもので、解説は…無理です(苦笑)

スポンサーサイト

[2006/07/19 10:39] イベント | TB(1) | CM(8)

源入?

小白倉への道って、どうなんでしょう?
細いんでしょうか?
行って見たい気もするし、長い運転は嫌だし。

で、うぶすなの家は「源入」なんですか?
「願入」だと思ってました。
今まで聞いたことないので、どれが正しいのかも分かりません。
十日町の人に聞いても、「知らない」って言ってたし。
[2006/07/19 18:21] こっから ジロー [ 編集 ]

小白倉へのアクセス道路は…

 >ジローさん
川西観光道路経由かR252仙田~大倉トンネル経由の
2つのルートがあります。
川西観光道路経由だと、中越地震の復旧工事中なので
アチコチ舗装工事や盛土工事をしているかもわかりませが、
景色はいいですよ。
後もう一つのR252仙田~大倉トンネル経由だと
トンネルを2つ通らなけれ場行けませんし、
道も車がすれ違えない場所さえない場所もありますが
こちらの方が時間は掛かりません。
時間が許せば、川西観光道路経由ですし、
時間短縮で一つでも多く作品を見たいなら
R252仙田~大倉トンネル経由ですね…。

 >宿六氏
オラも現代アートやら、アートってのは
チンプンカンプンです(苦笑)
でも、妻有地区や大地の芸術祭が注目されているのは
うれしいですね~♪

[2006/07/19 22:04] dynakids [ 編集 ]

Re: 小白倉へのアクセス

>dynakidsさん
アクセス方法を教えて下さって、ありがとうございます。
小千谷の方へ向かってから、曲がるんですね。
マップで確認しました。

もしや、この道は越路へ行く道?
一度、冬に通って怖い思いをしました。
あの道?
ちょっと気持ち萎えてます。
[2006/07/20 00:47] ジロー [ 編集 ]

訂正です

ジロー様

「願入」でした。
変換間違いです。すみません。。。
小白倉へはR252~の方がいいのでは?
と思います。
ずいぶん道もよくなっていますので。

dynakids様

同感です。
すんでいる地域が注目されるのはうれしいことですね。
[2006/07/20 07:01] 宿六 [ 編集 ]

小白倉

集落には初めて松之山温泉を訪れた時に行ったことがあります。

まさしく日本の原風景っていう感じところでしたね~(^o^)/
また行ってみたいところです!
[2006/07/20 16:30] さばとら [ 編集 ]

どこ見ても同じように見えますけどねぇ

>さばとら氏
 でも、生まれ育った土地の風景は
自分が土に還るまで記憶に残るのです。
その土地や地域で3年ねいっぺんのイベントが
しかも地元やそこに住む住民を巻き込んで
開催される事は稀だと思いますし、他では
無いと思っています。
今年でその大地の芸術祭もピリオドを打つ訳ですが、
自分で来て見て、参加しないと面白さは解りませんねぇ。
着実に妻有地区のファンが増えつつあるのに、
今回限りと言うのは大変残念な事です。

>ジロー氏
そうです、観光道路は冬場は地元民でさえも怖がる
ルートです。
丘陵づたいの道なので、「ホワイトアウト」で
前が見えなくなりますから…(爆)
無理せず、R252~経由でお越し下さいね。
事故や怪我したら元も子も無いですからね。

>宿六氏
「源入」じゃなくて「願入」ですねぇ…。
言葉で言うと「同じ」(言い回しが同じで同じでは
ないですが… 苦笑)
ですが、誰にでもうろ覚えはありますよ。
オラはいっつもそうだし…(自爆)
あと、地元がこんなに注目されるのは本当に
嬉しいですよね~♪
松之山は観光地ですが、オラのとこは何にも
無いですから… ねぇ…。(再び自爆)


[2006/07/20 20:42] dynakids [ 編集 ]

今回限りというのは

一体全体どういう理由からなんですか?

>今年でその大地の芸術祭もピリオドを打つ訳ですが、
自分で来て見て、参加しないと面白さは解りませんねぇ。
着実に妻有地区のファンが増えつつあるのに、
今回限りと言うのは大変残念な事です。

[2006/07/20 20:49] さばとら [ 編集 ]

小白倉は

集落上の道から集落全体が
鳥瞰できるからいいのではないでしょうか。
それから民家も古い立派な家ばかりですし。
[2006/07/21 16:40] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/409-08f39f6a


大地の芸術祭、開会!!

明日(7月23日)から9月10日まで、越後妻有アートトリエンナーレ2006(第3回大地の芸術祭)が開催されます。
[2006/07/22 20:56] URL だんだんどぉも








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。