スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第3回 大地の芸術祭 総入場者数 

大地の芸術祭の入場者数が発表されました。

大地の芸術祭に35万人入場

宿六日記でもお伝えした中間報告から、
大きく数字をのばしました。
後半の来場者数がかなり多かったようです。
やはりメディアの力が大きかったのでしょう。

詳しく見てみます。

入場者数349,000人。
前回よりも144,000人(70%)の増。
前々回に比べると倍増だと思います。

森の学校キョロロ 33,800人。
まつだい農舞台 29,200人。
うぶすなの家 22,700人。
最後の教室 21,700人。
脱皮する家 21,400人。。。

キョロロが一番入ったようですね。
芸術祭以外のお客様も結構いるでしょうから、
当然といえば当然の結果かも知れませんが、
一日670人以上の入場者数というのは大したものです。

今回は「空き家」と「廃校」が主な舞台だったわけですが、
そこに前衛的な作品ばかりではなく、
生け花、彫刻、陶芸といった
親しみやすい作品が多く展開されたことで、
割と中高年のお客様が多かったという気がします。
それも成功の要因だと個人的には思います。

さて、記事中の市長の発言。
「行政主体の継続は難しい。
民間活力を生かし、新たな組織による実施が適当と考えている」

ここがターニングポイントですね。
ここが、というか「今」ですね。

3回の芸術祭が残してくれた財産を
生かすも殺すも。。。

行政主体は難しいと明言していますから。

スポンサーサイト

[2006/09/21 09:35] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/479-c322eb7d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。