スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

名刀蛇切丸 

この記事のコメントで、
野々海池に伝わる伝説についての投稿がありました。
ちょっと調べたので、載せてみます(^^)
調べたと言っても、
『松之山町史』の要旨引用です(^_^;)


ある日のこと、北浦田村の高沢家(屋号小坂)に
24、5歳の若者がみすぼらしい姿で訪れ、
「しばらく置いてください」と頼んだところ、
主人は快諾しそこに住むことになった。

若者は大変働き者で、いつの間にか一家に
無くてはならない存在になり3年が過ぎた。
ある日、若者は今まで一切語らなかった
身の上話を切り出した。

「実は私はこの上にある鼻毛の池の主です。
3年前蒲生の池の主に頼まれ、仲人を引き受けました。
信越国境の野々海の池に適当な婿がいることを聞き、
はるばるこの池を訪れ
『蒲生の池はこの辺では大きな池で姫も美しい。
年頃になったので婿を探していたところ、
こちらによい若者がいると聞き、訪れた次第です』
と頭を下げてお願いしたところ、
野々海の池の主は
『あんな田の水や汚水の流れ込む
汚い蒲生の池なんかに大切な息子をやるわけにはいかない。
とっとと帰れ』
と剣もほろろに断られた。
私はカッとなってかみ殺そうかと思いましたが
歯をかみしめて我慢しました。

帰って蒲生の主にその委細を伝えましたところ、
逆鱗しましたが何とかなだめて、
恨みを晴らすときまではと
お互いに剣を磨くことにしました。
そこで私はお宅に伝わる名刀をお借りしたいため、
3年お仕えしたところです。
なにとぞ私の心情をお酌み取り下さい」

と懇願したところ、主人は同情して
二尺有余の名刀を貸し出した。

一方、蒲生の池の主も水梨村の中屋(屋号)から
同家に伝わる名刀を借り受けて、
「もし私が戦に勝てば一週間後に
屋根の棟上にお返しする。」と約束した。
鼻毛の池の主も同様に、
「私が勝った際には屋根の棟に
野々海の池の主の蛇骨の一片と共に名刀をお返しする」
と言うことを誓ったが、高沢家の3兄弟のうち、
長男と次男の二人が助太刀に行くことになったので、
吉日を選び決死の覚悟の上、一同出発した。

野々海の池の主もこのことを知り、
信州森村の某家から名刀を借り受けて
時や遅しと待ち受けていた。

山頂に到着した一行は身支度万端。
助太刀の二人に向かって、
「私達は赤の波となり、野々海の池の主は
黒い波となって戦うが、
黒い波が出たらこれを切り、
赤い波が出たら応援すること。
また野々海の池の一族は動物に姿を変えて
池から逃れようとするから、一匹残らず切り捨ててくれ」
と約束して出で立った。

乱闘は一進一退。
助太刀の兄弟も池からはい上がる動物を
切って捨てること七日七晩に及び、
池は真っ赤な血の池と化し、
ついに積年の恨みをはらして、
鼻毛・蒲生の池の主はそれぞれの池に
戦勝の凱歌をあげたという。

この戦いに使われた名刀は、
一週間後に直径六寸厚さ四寸くらいの蛇骨と共に
高沢家の棟上に返されたが、
蛇骨を三等分して、一片を信州に、
一片は同家から分家した大荒戸村の高沢家へ届け、
家宝として保存されたという。

その後、野々海の池は主を討たれ
一族郎党皆殺しにされたので、
池は乾き池底は草木の生える状態となったが、
絶滅したと思われた一族に三名の遺子が残存し、
ひそかに鼻毛・蒲生の池の主を仇敵と狙って
剣を磨いているとの話しが伝わった。

これを聞いた両池の主はすでに老齢であり、
彼らの剣に敵せずと、
鼻毛の池の主は中頸城の某池へ、
蒲生の池の主は中魚沼の七ツ釜に
それぞれ身を隠したといわれている。
野々海の池の遺子達も討つべき相手を失って
その志を捨て、どこかへ去った後は荒れ果て、
蒲生の池も田んぼとなり、昔を偲ぶ何物もなくなり、
鼻毛の池のみ山頂に満々と水をたたえている。


というものです。

結婚を断られて血みどろの戦いをするってのも、
どうかと思いますが。。。

この伝説が語られている頃は、
野々海池は荒れ果てていたんでしょうね。
となると、やはり人造池なんだ。

しかし「鼻毛池」って、
なんで鼻毛って言うんだろ?
昔から気になっていましたが。。。???

スポンサーサイト

[2006/10/22 07:21] 日記 | TB(0) | CM(17)

いやいや

どこの地方にも
荒唐無稽な昔話ってありますよね(^_^;)

昔話って誰がいつごろどのような動機で
作ったのかと、いつも思いますよ。
たぶん、子どもに聞かせるために老人が創作したものと思いますが。。。
子どもは真に受けて「へえ~」って信じてくれますからね。。。
子どもをおちょくって遊んでたのかな???

それにしても
鼻毛池ってスゴイ名前ですね(^^;)

チン毛池ってないんですか???
お粗末。
[2006/10/22 07:55] さばとら [ 編集 ]

よく分かりませんが…

昔話と伝説って違うらしいんですよ。
まあ、観念的なものかも知れませんが。
伝説の一つの定義として、
「固有名詞」が出てくるそうです。
今回の名刀蛇切丸の中には北浦田村の「小坂」さんという
屋号の家が出てきます。
この小坂という屋号は現在でもあるんですよ。
もしかしたら野々海池の主の骨があるかも(^_^;)
[2006/10/22 12:06] 宿六 [ 編集 ]

小坂さんって

現在でもあるんですか。。。
へぇ~、
伝説なっている家ってすごいですね(^^)

固有名詞が出てくるのが伝説だとは知りませんでした。。。

そういえば、
宿六さんとおぢさんさんたちって
たびたび東京へ行っちゃあ~、
いろんな伝説作ってますよね(^_^;)
[2006/10/22 15:03] さばとら [ 編集 ]

これは…

>宿六さんとおぢさんさんたちって
>たびたび東京へ行っちゃあ~、
>いろんな伝説作ってますよね(^_^;)

これは毎回繰り返しているので、
伝説とは言えません(^_^;)
単なる懲りない面々と言うだけで。。。
[2006/10/22 17:35] 宿六 [ 編集 ]

えっとですねぇ・・・

古坂(小坂)には、本当に蛇の骨があったといわれてます。
刀も「見た事あるような・・・」とは、じいちゃんの言葉です。
昨年浦田小学校の300周年で浦田小児童が「蛇切丸」を演じました。
その際に、調べたそうだ。

私も、預かった子どもが調べたが故に詳しいのですが、面白いことに蒲生(松代)、野の海(長野県栄村)によって話が微妙に違うのよ。
さらに、この伝説の先の話もあったりして、奥が深かった。

ちなみに、鼻毛の池は本当は「鼻蹴りの池」で、
昔、峠を馬を引いて越える際、前の馬が後ろ足で、後ろの馬の鼻を蹴るほど峠の坂が急だったことから
「鼻蹴り峠」と名づけられ、そこにあった池が「鼻蹴り池」
それが、変化して「鼻毛の池」となったそうです。
今でも「鼻蹴り峠」という碑が立てられてますよ。

[2006/10/22 19:28] みかねぇ [ 編集 ]

ところで

チン蹴り峠ってのはないんですか?

お、おぢさん、
フ、フォローして(^_^;)
[2006/10/22 20:54] さばとら [ 編集 ]

うひゃひゃ

チンポコチンデン!いいのかぁ?そんな事言って。

そうかあ、鼻毛の池の名前の由来が初めてわかりました。

さばとらさん。私お風呂あがりにタオルでパシンパシンと体の水分を落としているとき(分かるかな?)、誤って毛の生えたお稲荷さんを叩いてしまい悶絶した事がございます。痛みとやり場のない怒りに体を震わせておりました。

宿六ちゃんのブログの品位を落とし申し訳ございません。(^^;)お粗末。
[2006/10/22 21:58] おぢさん [ 編集 ]

おぢさんさん

強烈なフォロー
誠にありがとうございましたm(_ _)m
これほどのフォローができるのは、
おぢさんさんしかいないと頼りにしておりました(^^)

管理人の宿六さんにも
フォローしていただき恐れ入り奉りますm(_ _)m

ちなみに
私の出身地である山口県に防府市という市があり、
その市に防府高校という高校があります。
そして防府高校の校門のところにはバス停があって、
そのバス停の名前が「防高校門前」っていうんですよ。

さあ、読んでみてください。
「防高校門前」ってバス停の名前を。。。

ズ、ズバリ、
「ぼうこうこうもんまえ」って読むんです(^_^;)
ウソのようなホントの話。。。

や、山口県のお国自慢の一つです(^^;)
[2006/10/22 23:05] さばとら [ 編集 ]

コメントし直し

昔見たと言うことは、今はないのね。
あれば面白いのに…
まあ地元贔屓と言うことで話は違うでしょうね(^_^;)

ところで浦田小学校300周年って。。。
100年じゃね?
江戸時代からあったことになるよ(^_^;)

なるほど…
鼻蹴り峠なんだ。
地元原住民より詳しいね(苦笑)

さばとら様、

以下、一夜限りの限定コメントでした~(^^)



[2006/10/23 07:58] 宿六 [ 編集 ]

ありゃりゃ

コメントが入れ違いになっちゃった。。。
一夜限りっていうコメントの前に作成していたんですが。。。(^_^;)

思いっきりタイミングが悪かったですね~。。。

消してもいいですよ、私のコメント。
宿六さんの昨夜のコメントが思いっきり
バレますからね(^^;)

[2006/10/23 08:07] さばとら [ 編集 ]

さばとら様

すみません。
お言葉に甘えました(^_^;)
[2006/10/23 09:23] 宿六 [ 編集 ]

間違いだらけの話

ワタシが幼少の頃、ばあやが布団の中でしてくれた[野々海の大蛇]の話では、とっても間違った簡単な大蛇話の後に「お姫様が蕎麦の茎で目を突いてしまったから、蕎麦の茎は赤いのよ、そして松之山は蕎麦は作らないの」で終わっていました。
ばあやに騙されていた気がします。
 さて、昨日ばあやを誘って大松山に行き雲海を撮って来ました。72年もここに居て初めて見たと喜んでいました。昼間は小学校の文化祭にも行かせて貰いました。「運動会&文化祭、もうココに住んだら」と言われてしまいました。
考えてみましたが、雪が・・・
[2006/10/23 09:34] 藤江 [ 編集 ]

結構でございます(^^)

主宰者と読者の立場は違いますからね~(^_^;)

一読者である私は、他の読者の方からは
どこの誰べえかなのか分かりませんから
大放言が可能ですが、
宿六さんはそうは行きませんからね(^^)

特定されちまってるし、
自分の主宰のブログで大放言は気が引けますよね。
誰が見てるか分からないですから。。。

そこで、
おぢさんさんにお願いした訳でしたが、
望外にも宿六さんが食いついてこられましたので、
思わずそのネタに対し
更に私が食いついてしまいました。

私の習性ですからお許しくださいm(_ _)m
今後、私の不適切なコメントがありましたら、
ご遠慮なく削除されて構いませんよ(^^)

私はぎりぎりのブラックネタで
いつも勝負してますから(キッパリ!!!)
[2006/10/23 09:41] さばとら [ 編集 ]

一夜限りのコメント

よく考えたら
一夜限りのコメントってなかなかいいですね~(^^)
まさしくこれこそ「伝説!!!」って感じ。。。
あとは口伝えで。。。

私とおぢさんさんが語り部となりませう(^_^;)
宿六千夜一夜物語って。。。
[2006/10/23 10:34] さばとら [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>藤江様

雲海、さぞかし美しかったでしょう!
オラは早起きができないもので、
また大松山からの雲海は見ていません(^_^;)
でも昨日は小谷でも見られましたよ~
文化祭へは商売が忙しく、
ちょっと時間があったらと思っていましたが、
ついに行くことができませんでした(*_*)

蕎麦の話しも、おそらくそういう
言い伝えがあるんだと思います。
昔話的な。。。

>さばとら様

どうもすみませんです。
これに懲りずにドンドン書き込んでくださいませ。

[2006/10/23 11:37] 宿六 [ 編集 ]

まちがえた・・・

おっしゃるとおり300周年ではありませんでした・・・
130周年でした。
どこでどう間違ったのか・・・???

ね、今度和泉屋で『伝説ツアー』みたいなのやったら?
蛇が倒れて血を流した保倉川流域には「血の斑点がついた」といわれる「蛇紋竹」があるし、
大島には蛇が尻尾をこすりつけたといわれる岩が祭られてるし、
何でも野の海では赤いぜんまいが取れるらしい。
さらに、蒲生には「野の海が雲に覆われた。蛇が怒った。雨になる。」(詩は確かではないが)
なぁんて歌もあるそうだ。

どうどう、なんか面白そうじゃない??
[2006/10/23 20:41] みかねぇ [ 編集 ]

大変申し訳ございませんが…

オラ、蛇が苦手なの(^_^;)
無理、無理!!!
[2006/10/23 20:57] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/512-a5640a64










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。