スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

露天ふたレポ 

今朝、
新橋の銭湯に自転車で行く夢を見た宿六です。

おはようございます。

新橋に銭湯があるのかどうかは不明ですが、
最近新橋づいていることは確かです(^_^;)

さて、
貸切露天風呂に「ふた」をするようになってから、
二週間以上経ちました。

現在の「ふた」は三代目。
よ、三代目!

アクシデントがありまして、
三日前の夜はふたができなかったんです。
で、お昼頃の湯温が36℃。
14時にふたをして…19時には42℃。
翌朝は…9時で46℃。

温度計には若干の誤差がございます。

うれしくなって入ってみました。
十分な温度です。

というか、46℃なので。。。
下の方は温めなので、撹拌すると43~44℃。
熱くていい湯でした~
皮膚のピリピリ感がたまらない!

危険ですから真似をしないで下さい。

やはり、違うもんですね。
昨年は11/31にクローズしたのですが、
今年はこの「ふた」のお陰で、
もう少し延ばせそう。。。

ちなみに、熱すぎるという方は、
外気温が低くなってきましたので、
ふたを取って少し「湯もみ」をしていただくと、
すぐに温度が下がります。

スポンサーサイト

[2006/11/22 07:10] 温泉&お風呂 | TB(0) | CM(12)

おっす

効果絶大ですな。
オラも昨日ムサシに行って材料買ってきたよ。

うちの場合ふたっていうよりも落し蓋みたいな感じになっちゃうけどね。

しかし材料買ってきたとたんに昨日はお湯が絶好調で熱いくらいで…。

肝心な時だめなのにね。

過去ログを読み直して気づいた。
ごめんね、マッシロードのところで突っ込まなきゃいけなかったのね。
[2006/11/22 08:25] おぢさん [ 編集 ]

そうなんです

そこで突っ込んでいただかないと(^_^;)

お湯の増減があると難しいですね~
うちの小さな露天は一定量のお湯なので、
その点は楽ですね。
男風呂の露天はおぢさんトコと一緒なので、
温度には気を遣います。
最近は「全がけ」ですが。。。(^_^;)
[2006/11/22 09:04] 宿六 [ 編集 ]

当たり前のことですが・・・

旅館業も大変ですね。
「いつでも快適におふろに入れるように」
地道な努力をしてらっしゃる!!

25日には、そのお風呂を仲間たくさんで
満喫させていただきます!!

お世話になります。
バカどもばっかでご迷惑をおかけします。
[2006/11/22 11:02] みかねぇ [ 編集 ]

こちらこそ

よろしくお願いいたします。

地道というより…思い付きですね(^_^;)
行き当たりバッタリです。

[2006/11/22 11:43] 宿六 [ 編集 ]

行き当たりバッタリって

結構好きだし、大切ですね。
そこから何かが生まれるわけですから。
失敗すれば、次回につなげるすべを学ぶわけですし。

民間万歳!!
[2006/11/22 14:20] みかねぇ [ 編集 ]

行き当たりバッタリって

2種類あると思うんですよ。。。

全ての状況に思いをめぐらせ
思案に思案を重ねた上での行き当たりバッタリ



何の思慮もないただの思いつきでの
行き当たりバッタリ

宿六さんの行き当たりバッタリは前者。
阿呆な上級行政マンの行き当たりバッタリは後者。

宿六さんの行き当たりバッタリが後者なら
和泉屋さんは傾きますからね(^^;)

和泉屋さんが傾いたら
貸切露天風呂入れなくなりますから。

でもそうなったら、
隣の白川屋さんがやってきて
松之山まで来られたんなら
おっぱい風呂でも入って帰られたら
いかがですかあ~、せっかくですから(^^)

な~んてことで
おっぱい風呂に入って帰ることになりますから。
民間は日々真剣勝負ですよね~。

日々是決戦!!!
代ゼミでしたっけ(^^)

結局、
おお甘ちゃんなんだよ、一部の行政マンは!!!

みかねぇさんそうですよね~(^^)
[2006/11/22 15:08] さばとら [ 編集 ]

意外と…

ふと思いついたことが、
ナイス・アイディアだったりします(^_^;)

今のところ、失敗できる勝負しかしていませんので…
「ふた」も数千円ですし。。。
でも小さな失敗が大事なんですよね~


[2006/11/22 15:53] 宿六 [ 編集 ]

ナイス・アイディア

になる思いつきって、
考えに考えた上で出てくるような気がします。
もちろんそこには試行錯誤もあるでしょうけど。

ちなみに
私も失敗できる勝負しかしませんが(^^;)

その点、
行政マンの方々はいいですね~。
とってもうらやましい!!!

大きな勝負ができますから、人の金で。
自分のお金ならビビっちゃって
大勝負はなかなかできませんからね~。

その上、
もし勝負に負けても責任を取らなくていいときた。

もう行政マンって素晴らしい!!!

今度生まれてきたら絶対行政マンになりたいな(^^)

みかねぇさん、
来世では一緒に行政マン(ウーマン)やりましょ(^^)
[2006/11/22 16:46] さばとら [ 編集 ]

まあ

ホームセンターで悩みに悩んで、
材料を買ってきたその帰り道で、
「ああ、ああやればいいんじゃん!」
と思うときが屡々ございます。

屡々ってこう書くんだ(^_^;)

でも、「ホームセンターでの悩み」が
次ぎにつながるんです!
無駄になった材料も再利用可能です!

夕方、夕張市のニュースをやっていましたが、
勝負を通り越してギャンブルですね、完全に。
あれじゃあ、住民が可哀想です。
「そうした首長を選んだのは住民だろう」
という議論も法治国家としては成り立つのでしょうが、
そして夕張市はそれを盾に取るのでしょうが、
それは法律と行政構造を後ろ盾にした行政側の論理で、
実際の官と民との力関係を全く無視していますね。

夕張市の現実を見ると、
松之山は本当に地道で地道で…
それが歯がゆいこともあるかも知れませんが、
結果的には、ギャンブル的な観光開発をすることなく、
それによって豊かな自然を失うことなく、
それが今では一つの・最大の財産になっている。

表現が適切かどうか分かりませんが、
そういう意味では恵まれていますね(^^)


[2006/11/22 19:28] 宿六 [ 編集 ]

いいですねぇ、さばとらさん!!

目指せ破天荒行政マン!!
思いっきりお上に睨まれながら、行政マンライフを
満喫しちゃうんでしょ??
睨まれてるのに、成功しちゃうんでしょ??
だって、元手はた~~~くさんあるんですから。
ちっちゃな失敗をたくさんして、
「税金泥棒!!」とか言われながら、数年後には
どど~~んと大きなこと成功させちゃって
市民からは慕われ、全国から注目されちゃうんですよね!
でも、決して他の行政ではまねできないの。

だって、「The 破天荒行政マン」がいないんですもん!!

まぁ、宿六さんが言うように、確かにギャンプル的開発は
していないかもしれませんが・・・
(ん!?でもギャンブル的なものもあるんじゃない?)
松之山は地道ですよねぇ・・・
本当に、石橋をたたいても渡らないぐらいに・・・

一部の行政マンも
「壊れそうな橋を勢いよく突っ走る」系で
行ってみて、振り返って次の橋の対策を練る
ぐらい大冒険してもらいたいものです。
上から言われた通り、規則、条例通り、
前例どおりではなく、失敗を真摯に受け止め、
積み重ねていってもらいたいもんですな。
持ち出し結構!減給結構!ぐらいでさ。

さばとらさん、来世なんて言ってると、ひょっとして
日本って国はなくなって、自治国が点在してるかも
しれませんよ!?
「The 破天荒行政マン」がたくさんいて・・・

・・・なんだかその方がいいかも・・・
[2006/11/22 22:01] みかねぇ [ 編集 ]

たとえ

日本国がなくなり越後国になっていようとも、
来世では必ずや私はみかねぇさんと
添い遂げたいと思って居ます(^_^;)
[2006/11/23 01:05] さばとら [ 編集 ]

まぁ!

なんて嬉しいお言葉なんでしょう!!!

その前に「現世」にそういってくれる人を
まず、探します・・・(涙)
[2006/11/23 20:08] みかねぇ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/545-34fff661










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。