スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

買い物疲れ 

20061224021225
一文字だけ平仮名の
大型おもちゃ店「T」に行って来ました。

まあ、この時期におもちゃ店に
行く理由はひとつしかないのですが…

そう、ある有名人の誕生日を
お祝いするお祭りですね。

いつからこういうシステムになったのか
さっぱり定かではありませんが、
世の中の慣習に迎合せざるを得ないわけです(^_^;)

一年に誕生日が二日あるようなもんですな。
同じ誕生日の人を除いては。
うちは仏教徒だから、
4月8日にサンタ(ではないと思うが)
がやってくるんだ!と訴えてみても、
おそらくというか、絶対理解を得られないわけで、
逆に仏陀やムハンマドの誕生日も
そんな風になったら、
それこそ「贈る方」は大変なわけで…

ある程度覚悟していたとはいえ、
人込みと行列恐怖症のオラには
…まあ、いい修行になりました。

10時開店で10時5分に行ったのに
既に駐車場渋滞(*_*)
買うの決めたと思ったら、レジ行列。
やっと買ったと思ったら、ラッピング行列。
はい、今年はラッピング無しで…

ちょっとというか、かなり気になったのは、
子供さんを連れてきている人が
かなり沢山いたこと。
「サンタさん」にこだわりはないのかな?
と要らぬ心配を。

「サンタさんから貰ったんだ」と言う友達の家庭と
どうやって整合性をもたせるのだろう…?

我が家にある唯一の「煙突」は、
風呂の換気孔で、
「あれだとサンタさんがお風呂に落ちて
びしょ濡れになるから、
クリスマスの日には風呂の栓を抜いておけ!」
と主張する某少年や、
「○○ちゃんちは、
去年大雪でサンタさん来れなかっんだって。
除雪したら、ちょっと遅れて
来たらしいよ」
と真顔で報告する某少女を
目の当たりにすると、
「サンタ健在」をアピールしなければ!
と思ってしまうのはオラだけでしょうか(^_^;)
スポンサーサイト

サンタは いました。

私は、うん十年前、毎年『靴下とアンパン』を、もらっていました。
我が家の一人っ子は、小5まで信じていたそうです。
小6のクリスマス前、クラスの男の子に「お前ってガキだなー、」と知恵をつけられ、まさかと思い自分も押入れを探したら、赤と緑の包装紙があった。と中学2年のクリスマスに告白されました。
たしかに小6からおねだりが、ゲームでなく、家電でした。
[2006/12/24 08:15] 藤江 [ 編集 ]

なるほど・・・

いつかはそういう時期がきますよね。
まあ、それはそれで仕方ありませんね(笑)
それでも「サンタはいる」んですよね!

オラは・・・記憶が定かではありませんが、
小学校の低学年くらいまでは来ていたと思います。
それよりも父が持ち帰る、
「麻雀大会」の賞品の方が楽しみだったりして(笑)
[2006/12/24 08:57] 宿六 [ 編集 ]

お疲れさん

宿六ちゃんがどんな顔してレジに並んでいたかと思うと、失礼ながら少し笑っちゃった。

サンタさんのこと。やっぱ夢があった方がいいでしょう。

いつか現実と折り合いをつける日が来るけれど、とても素敵なことだもの。
[2006/12/24 09:21] おぢさん [ 編集 ]

ある人の昔話

知人から聞いた話です。

子供が小さいころ、仲間でサンタの格好をしてプレゼントを配っていたそうです。

ある雪の深い年。サンタさんはどんなソリで、どんなトナカイを従えて来たのだろうと興味を持った子供が、こっそりサンタさんの後をつけたところ・・・




軽トラに乗って帰るサンタさん・・・

そのあとその知人は子供に質問攻めにあったそうです。
[2006/12/24 09:51] 小太郎 [ 編集 ]

うちの

子供は中3(去年)まで騙されてましたよ。
ふつう中3まで騙されるかよって感じですが(^_^;)

ただ去年はさすがに少し疑っていたのか、
サンタにおねだりする物を親に打ち明けないで、
サンタの存在を試していたようでした。

う~ん、これには困りました。
毎年サンタにおねだりしたものが
ちゃんと枕元にあったのに
これでは何を買えばいいか分かりません。

24日の午後まで
どうしようどうしようと思っていたのですが、
スキを見て子供の部屋に家宅捜索に入りました。

すると
子供部屋の窓にほしいものを書いた紙が
外側に向けて貼り付けてあるのを発見しました。
そこには自分がほしい本と名前とノートがほしい
が書いてありました。

全くまぬけなやつめ~、と思いながら
あわてて書店へ行って本を、
スーパーでノートを購入し、
その日の深夜、何食わぬ顔で枕元に置いておきました。

翌朝、
枕元にちゃんとブツがあったので
びっくりした様子でした。
一応、窓に貼り付けた紙を見たのかと
問いただされましたが、知らん顔。

ただ、
ノートが近所のスーパーにあったものと同じだと
気づいたようで、半信半疑のようでした。

で、今年ですが、
さすがに高1なので、何もしません。

クリスマスプレゼントの買付けは
もう卒業です(^^;)
[2006/12/24 11:01] さばとら [ 編集 ]

本当にいるんです!!

サンタは、いるんですよ。
日本には、たった一人だけですが、
ちゃんと免許持ってるんです。
サンタの免許は、みんな、名前が「サンタ」です。
これ、本当の話。

フィンランドに、サンタ村があります。
親戚の叔母が、フィンランド人で
12月になるとそこの「サンタ」が遊びに来て、
よく一緒にカードゲームをやったと言ってました。
アイスランドには13人のサンタがいるそうです。

ですが・・・このサンタはプレゼントを配るわけではありません。
プレゼントを配るサンタは、やっぱり人間が
勝手に作り出したものですが、
サンタという存在は本当にいるのです。

そうするとサンタはいるけど、
プレゼントを配るサンタは創造の世界。
と、言うことになりますね。
[2006/12/24 19:41] みかねぇ [ 編集 ]

あ~

日付が変わった。
世の中の「サンタさん」はゴソゴソしだしているんだろうな。。。

我が子に「今、八丈島あたりだよ」といったら、
納得して寝ましたがね。
[2006/12/25 00:25] 宿六 [ 編集 ]

出来上がりました

今年のサンタさんへの注文は、

コスプレ衣装

「上手く作れれば、ネットで1着6万で売れるよ」
と、上手くはめられ、作りました。

目がショボショボしています。

夜中のミシンかけは、あまり若く無いような気がしている御身には厳しいです。


[2006/12/25 00:51] 藤江 [ 編集 ]

コスプレですか

何かのパーティ用ですか?
6万円とは・・・マニア向けですね、きっと。
[2006/12/25 11:08] 宿六 [ 編集 ]

コミケ用です

隣コスだったり。

私の時は 古代進 か 連邦軍 又は シャー 位だったのに。

今はコミックからゲームキャラまで・・・。

6万は、宝塚男役位で、10万がマリーアントワネットですね。セーラームーンが1万強。
[2006/12/25 16:25] 藤江 [ 編集 ]

はぁ

素敵な「世界」ですね~

自分がコスプレするとしたら何がいいかな?
やっぱ、鬼瓦権造でしょうか(笑)

というか、洋裁得意な人は立派な商売になったりして。。。
[2006/12/25 20:04] 宿六 [ 編集 ]

やっぱ

日ハムのユニフォームじゃね?
もしくは歌舞伎系。直球勝負で。

おぢさんはなぎら健壱コス。
[2006/12/25 22:41] おぢさん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/577-0315456d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。