スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冬の上湯 

温泉街を登っていくと、
『上湯』という集落があります。

この集落名は通称で住所は「松之山湯本」。
元々「湯本」とはこの集落をさします。
温泉街は後に彼方此方から人が集まってきた集落で、
いわば、松之山版「人種のるつぼ」。
まあ、我が家も移住組ですが。

上湯、そう大地の芸術祭作品『夢の家』がある集落です。

ある天気のよい日にカメラを持って。。。

まるで春のような田んぼ。
水面が出ています。

200702181.jpg


キラキラの雪面。

200702182.jpg


雪下ろしも捗ります。

200702183.jpg


何の足跡(?)
ヒント…一筋の影(^^)

200702184.jpg


諏訪神社の大木。
いつこの太い枝が折れたのかしら?

200702185.jpg


スポンサーサイト

[2007/02/18 07:04] 季節雑写 | TB(0) | CM(2)

小さい頃

学校の帰りに「後で鎮守様に来てねー」と下のサンボ(三叉路)で友達と別れたトコロですね。
そうですか、諏訪神社だったのですね。(知りませんでした)

ココで遊ぶ醍醐味はかくれんぼなんです。
ナイショ なんですが、鎮守様の奥の格子戸を空けて、賽銭箱を足場にして、屋根裏に登ると見つかりにくいのです。

小さい子専門で、大きい子が小さい子を上げてくれていたのですが、足元は 何時割れてしまうか分からない程の薄べビア板と、絵の描いてある板がはめ込んであり、今から思うと、バチアタリでしたね。

下湯の薬師様は畳が敷いてあり、私たちは寝そべって「青い鳥で、尻尾が長くて、紫の花が書いてあるのどーれだ!」「右から5列目で下から2番目」「あたり」なんてやっていました。

カワイイかったんですよ、

隣の百恵ちゃん。
[2007/02/18 14:34] 藤江 [ 編集 ]

そうですね

昔は神社はイイ遊び場でした。
今遊んでいる子供は居ませんね~

そういえば、この神社で行われるお祭り。
芸能大会がなくなって数年経ちますね。
何だか寂しい気がします。
田舎の祭っていう感じで結構好きでしたが(T_T)
[2007/02/18 17:03] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/641-a968a295










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。