スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鯉のあめ煮 

鯉のあめ煮(甘煮、甘露煮)です。

200705041.jpg


普段はお出ししておりませんが、
昨日リピーターのお客様から
リクエストがございましたのでお出ししました。

そのお流れでパチリ(^_^;)

最も鯉を美味しくいただける調理法の一つでしょう。

ですが、手間と時間がかかります。
夕食にお出しするとして、
煮始めるのは午前中です。

召し上がりたい方がいらっしゃいましたら、
予約時にお申し出くださいませ(^^)

スポンサーサイト

[2007/05/04 07:30] 山の幸 | TB(0) | CM(4)

おいしそう!

いい照りだね~。
手間のかかる料理だ。でもその手間の分、美味しさも際立つのですな。

和泉屋のはおいしいんだよね。
[2007/05/04 16:04] おぢさん [ 編集 ]

その鯉って

松之山産?
[2007/05/04 19:15] さばとら [ 編集 ]

ご馳走です

昨日はご馳走様でした。
おそらくは、それを食した者です(^^
いただきましたのは鯉の甘煮のほか、あらい、鯉こく、魚に関しては岩魚の塩焼き
いずれもすべて美味しくいただきました。

甘煮に特記しますと、村松で食するものよりも あっさりとしており 甘さも程よく たいへん気に入りました。

次回もよろしくお願いします。

[2007/05/04 19:35] ぽっぽ [ 編集 ]

コメントありがとうございます

→おぢさん様

「てり」は食欲を誘いますよね~
和泉屋のばあちゃんの味です(^^)

→さばとら様

当館の鯉は佐久から仕入れております。

→ぽっぽ様

この度は当館ご利用頂き
誠にありがとうございました。
鯉は現在ではあまりポピュラーな食材ではないため、
特に若い方で「鯉好き」の方は
あまりいらっしゃらないんですよ(^^)
お口にあったようでホッとしております。
鯉は秋口から冬にかけて脂がのり、
美味しくなります。
機会がございましたら、またお出かけくださいませ。

追伸:写真はぽっぽ様にお出ししたものとは
別なものですのでご安心ください(^_^;)
[2007/05/04 20:11] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/727-9219b8ea










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。