スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

七つ詣り 

毎年5月8日に松代で行われる「七つ詣り」。
数え年7歳の男子が松苧神社に初詣り。
その参道は険しく、登りきることで
「男」として認められるという伝統行事です。
松代では結婚式並みのお祝いをします。

県庁のサイトに詳しい情報があります。


オラも数え年○7歳なので初登山!(^_^;)

現在では車道が整備されすぐ近くまで車で行けます。
登山口、ここから20分です。

200705091.jpg


途中、鳥居が壊れていました。
地震でしょうか、豪雪でしょうか。。。

200705092.jpg


200705093.jpg


何百年にもわたって参詣者が歩いてきた参道は、
自然の階段になっています。

200705094.jpg


最後の急斜面(^_^;)

200705095.jpg


到着です!

200705096.jpg


境内には一組の家族がいるだけでした。
なぜならば、松代の皆さんは早朝に登るんです。
そしてお昼には山を下りて大宴会。
オラが登ったのは夕方でしたから、
神社の戸も閉まり、ひっそりとしていました。
賽銭を入れるところもありません(^_^;)

初めて見ましたが…
大きいんですね!
さすが松之山郷の総鎮守。
斜めからの写真を見るとその大きさが分かります。

200705097.jpg


200705098.jpg


結構足に来ましたね~
「大人でも辛い道を7歳の子が…」
といいますが、
7歳の子供の方が体力があると思うのは
オラだけでしょうか。。。(^_^;)

戸越しのお参りしかできませんでしたが、
天気もよかったので爽やかな登山になりました。
子供にとっては、一生に一日だけですからね~

登山口では桜が満開。
気持ちのいい風が吹いておりました。

200705099.jpg


松苧神社は県内最古の建造物。
威風堂々です!

2007050910.jpg


スポンサーサイト

[2007/05/09 07:43] イベント | TB(0) | CM(7)

七つ詣り

とても懐かしく拝見。60数年も前のことが最近のことのようにまぶたにうかびました。当時は家からワラジを履いていったと思います。神社では地元の人が樽を背負って運び上げた水を飲ませてもらいました。何10銭かのお金をお礼に出したと思っています。帰りは疲れてしまい、自宅に着く少し前になって泣き出してしまいました。兄に連れて行ってもらいました。
[2007/05/09 08:52] うぬまじいちゃん [ 編集 ]

登られましたか

今はすぐ近くまで車がいきますが、
昔は山の麓から歩いたそうですね。
松代の本村の人は本村から歩いたとか…
数え7歳の子には大変な試練ですね。

時代と共に様子が変わりますが、
こういう伝統行事はいつまでも続いていって欲しいものです。
[2007/05/09 11:25] 宿六 [ 編集 ]

かすかな記憶

そう言えば、かすかな記憶ながら、行った事がありますね。
多分、七つ詣りだったと思います。
うろ覚えでほとんど覚えてませんが。(^^;

懐かしかった(と言っても、あまり覚えてませんが(笑))です~。


[2007/05/09 12:03] 松之山の四季2 相沢 [ 編集 ]

私も行きました。

7年前ですが・・・
はい、知っております、男の子の行事だということは。

当時の山村留学生若干13歳。
「昔は13歳になると深山を越えて野沢温泉まで歩いてお参りに行った。」
と、聞いた彼は「俺もやる!」と、俄然やる気満々。
その前に資料集めに地域のおじいさんに話を聞きに行った際に、
七つ参りのことを聞き「これからやらなきゃダメだ」と、ひとこと。

そう、その「付き添い」で上りました。
でも、気持ちよかった!
神社の竜の目がひとつないこと知ってる?
伝説になぞらえてるんだよ。

え!?野沢までですか?
もちろん付き添いました。
ただ、30キロ地点で靴擦れによりリタイヤでしたが・・・
あぁ、子供は46キロを簡単に歩ききりました。
[2007/05/09 12:29] みかねぇ [ 編集 ]

コメントありがとうございます

→相沢様

以前は松之山の子供も行っていたんですかね?
最近では松之山の子供はほとんど行かないようですが。

→みかねぇ様

7年前…20代だねぇ~(^^)
<「俺もやる!」と、俄然やる気満々。
この気持ちが大事ですよね。
昨日はなだめすかして連れて行きましたが(^_^;)
さすがに野沢までは無理ですね。
帰りは…どうしたの?


[2007/05/09 19:17] 宿六 [ 編集 ]

それは・・・

電車大好きっ子の彼は、
「体力勝負!」の次の目標「飯山線に乗る!」を
決行しました。
歩いているときも、飯山線の線路の上を歩いて、
今まで見たことのないほどの笑みと幸福感いっぱいの
オーラを発してました。

やっぱり、7つの子供にはきつかったのかな?
それにしても、大きくなりましたな。

[2007/05/10 12:33] みかねぇ [ 編集 ]

なるほど

飯山線があったね~
越後鹿渡から…歩きですか?

いや、何だかみたいアニメがあったらしく、
「録画してやるから」となだめたのです(^_^;)
本文にも書きましたが一生に一度なので、
ムリムリ連れて行こうと。
大人になって振り返って、
「オラは登ったぞ」と、それが大事だぞと(^_^;)

[2007/05/10 19:08] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/732-a0a93412










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。