スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

I’ll be back! 

昨夜、「いるかな~?」
と思っていったら…

いましたいました!

帰ってきました、ホタルが!

場所は温泉街の上の方、
不動滝の上流の堰堤です。

県の事業で、
蛍の住める川を目指し自然石化して頂いたところ。
工事からわずか一年で帰ってきました。

「帰ってきた」と連呼していますが、
昔は温泉街にもホタルがいたんです。
それが雪の関係もあって、
コンクリートの3面貼りになってから
ホタルはドンドン上流に…

そのうち、不動滝のあたりでも
観られるかもしれませんよ~
楽しみです。

さて、
みんながホタルに感動するためにお守り下さい。

『ホタル観賞三悪』
1.車のハザードランプ
1.懐中電灯
1. カメラ・携帯のライト&フラッシュ

人(ホタル)の恋路を邪魔するなんて、
野暮なことはやめましょう(^^)

スポンサーサイト

[2007/07/04 07:21] スポット | TB(0) | CM(6)

お~~~っと!!」

懐中電灯もだめだったんだ!!
ハザードはだめなの良く分かってるんだけどね。
それに携帯も・・・

ん???でも、考えてみれば
懐中電灯を持って、蛍のいるところまで行き、
無意識に消していた気がする・・・

そうですよねぇ。
蛍の光は、何にもない真っ暗な中で
自然の明かりの中で(星や月)
見る事こそ醍醐味がありますよね。
人口の光は蛍の体にも悪いんですよね。
[2007/07/04 12:42] みかねぇ [ 編集 ]

そうなんですよね

ホタルの発光は
子孫繁栄のためですから、
ホタルより強い光は基本的にNGです。

暗がりでも、少し目を暗闇に慣らせば、
道を歩くくらいのことは出来ます。
人間の目って、凄いんです。

心と時間に余裕を持って観賞したいですね~
[2007/07/04 18:43] 宿六 [ 編集 ]

いいですね~

ホタルのいる温泉街。いかにも松之山らしいじゃないですか。

まずは誰かの池でカワニナを増やしてみるというのはどうですか?今キョロロに貝の専門家がいますよね(笑)

水は良いんですから、餌さえあれば増えるのではと思います。
[2007/07/04 19:15] 小太郎 [ 編集 ]

そうですね

いいですよね~

この間の大雨による増水でも
流されなかったようなので、
人間が邪魔しなければ定住してくれると思います(^^)

[2007/07/05 06:47] 宿六 [ 編集 ]

どうして

生物の「定住」は考えられるのに、
人間の「定住」は考えないのだろう???

言葉があるから?
気持ちがあるから?

だから面倒なのかな?

だからこそ人間なのに・・・


以上、独り言でした。
[2007/07/05 12:37] みかねぇ [ 編集 ]

おっ

壁に当たっていますね。
人口の流出は止まらないと
みんなが思っちゃってるんでしょうね。
まず我々の意識改革からですね~

虫は○○があるから、
○○がないからと生存必要条件がはっきりしていますが、
人間はそうではないですよね~
おそらくは『○○がないから』が
『○○があるから』を上回っている人がほとんどかと。
仕事・教育・医療・福祉…
量的にこれらが都市部にかなわないこと以上に、
「そこに住む理由」を見いだせるか。
それを認識させることが出来るか。

気持ちがあるから…
人間の価値観は千差万別ですね。
全ての人にとっての桃源郷は望むべくもないので、
キチッとした方向性・特異性を
出すしかないような気がします。

児童福祉を充実して若者を呼び込む都内某区とか、
インターナショナルスクールを誘致して
全国から生徒を集めるをさせる某市とか、
外国人労働者に手厚い某市とか。。。

以前、サタデー市長室に行ったときに
「老人リゾート」なんてどうでしょうか?
と臆面もなく言いましたが、
何か他と違うことをしないと
生き残っていけないと思います。

以上、独り言でした(^_^;)
[2007/07/05 16:49] 宿六 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/789-2551df88










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。