スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

亀杉の威容 

松之山の「中尾」という集落に、
『亀杉』という大樹があります。
鏡ヶ池の近くといった方が分かりやすいでしょうか。

y200711291.jpg


ご覧のような巨木です。

樹齢約1000年。
目通り10メートル、樹高30メートル。
県指定の天然記念物です。

近くに行ってみるとホントにデカイです!
18mmでは全部収まりません(^_^;)

多くの巨木は神社などの境内にあって、
平地にありますが、
この亀杉は鎮守様の境内、
観音堂のすぐ側にありますが、
半分は崖にせり出しています。
崖の下から見上げると…
軽い恐怖を覚えます(^_^;)
それくらいデカイ。

近くの鏡ヶ池には「松山鏡」という伝説があり、
そこに登場する大伴家持は奈良時代の人なので、
今から1200年くらい前。
その200年後くらいに芽を出したということですからね。
そういう歴史に思いをはせるのも、
また旅の楽しみですね~(^^)


「木は神秘的だ!」
という方はお願いします(^^)
↓↓↓
blogranking


スポンサーサイト

[2007/11/29 09:02] スポット | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izumiya.blog4.fc2.com/tb.php/954-9518aee1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。